わきが対策にはデオドラント!市販のオススメまとめ

ワキガの方にとっては、デオドラントは特別気を使います。
臭いと周りの人に思われたくないのはもちろんのことですが、汗をかいた体ですと、学校の授業中や電車でも腋臭がどうしても気になります。

そこで、自分に一番合うケアを探している方も多いですが、最近人気の制汗剤、制汗クリームは以下のものが挙げられます。

・リフレア
・QBクリーム
・デオナチュレ
・オドレミン
・デオクリスタル
・ラヴィリン
・Hミッテルクリーム
・ag

これらの製品は単に汗止めのためではなく、脇にある菌を殺菌することで、アポクリン汗腺からの汗(菌の餌になる脂肪分などが多い汗)が出たとしても、臭いを発生しにくくなります。

以前はこうした商品は医薬用として、医師の診断がなければ入手できないものでしたが、最近では薬局やドラッグストア、通販などで入手可能です。

強い効き目で注目されている海外のデオドラント製品もあります。

ワキガというとも手術をしなければ治らないと思っている方も多いですが、要はワキガであったとしても、ワキガ臭がでなければ、そのままでも良いのです。

インターネットの普及で、悩みを打ち明ける掲示板(発言小町など)の内容を見ると、みなさん様々な解決法を行っているのがわかります。

デオドラントでもロールオンタイプのものが良いとか、手術なら剪除法が有効、外国人はきつい体臭があるけれど、うまく対処しているなど、自分のワキガに参考になる内容もいろいろです。

年頃の娘を持つ母親などが、どうしたら良い?などの相談もしていますが、市販されている制汗剤ではなく、殺菌作用の高いデオドラントやみょうばんや重曹などを使用してみるのも良いでしょう。

匂いは、自分で感じるよりも他人にどう思われているかで心配になることです。
ワキガは、汗、悪臭などつきものです。

その匂いは、菌によるもので、殺菌ができる事ができれば、悪臭は気にならない。
脇汗パットをうまく利用する、風呂やシャワーは毎日行い、必ず脇を清潔にするなどのワキガの知識をもつことも大切です。

また父母がワキガであったり、耳垢がべたつく方の場合、高い割合でワキガであるとされていますが、匂いが気にならないのなら、対処をしなくても良いでしょう。

要するに、ワキガは悪臭さえしなければ良いと開き直るのも大切ではないでしょうか。
うまく市販薬を使って、脇の殺菌をすることで、ニオイを乗り切りましょう。

デリケートゾーンの臭いの3つの原因と解決法について!

デリケートゾーンの臭いの原因は、
・Vラインの部分の肌
・陰部の毛
・膣内とその周辺
にあります。

 

Vラインの肌
お風呂に入ると必ずキレイに洗うのですが、ゴシゴシは厳禁です。
石鹸も刺激性の弱いデリケートゾーン専用ソープを使用することで、においと黒ずみ改善が期待できます。
デリケートゾーンは、普通の石鹸は、刺激石鹸となってしまい、乾燥しがちになって肌トラブルを起こす可能性が高いのです。

 

陰部の毛
これは、脱毛はどうでしょう?ということです。
生理の時に毛に経血がついたり、何かと不潔になりがちです。
毛深い方(人とは比較は難しいですが)は、とにかく匂いがこもってしまうという方は、脱毛サロンやクリニックでのVIO脱毛がオススメです。
泡石鹸で洗うにしても、毛が邪魔と感じている方、一度脱毛をすると、すっきり感はスゴイです。

 

膣周辺
医療機器膣洗浄器が、自宅でできます。
それはインクリアです。
タンポンの要領で、膣内洗浄が可能です。
もともと自浄作用がある膣ですが、菌のバランスが乱れることで、臭いが立ち込めます。
また、生理時の不快感もインクリアで解決します。

 

膣周辺には雑菌が多いですが、なんでも洗えば良いというものではなく、善玉菌と悪玉菌のバランスを保つためのインクリアの存在は大きいです。
ということで、この3つの原因を一つ一つクリアしていくことで、デリケートゾーンの臭いは軽減でき、解決することができます。
また、膣内の菌バランスに関しては、ホルモンバランスの影響もありますが、直接病気ということとは結びつきませんので安心してください。

家庭用脱毛器って知ってる?種類もメリットも多いかも?

家庭用脱毛器は、家庭で行う最善の脱毛です。
カミソリや毛抜きなどとは違い、エステやクリニック同様の方法で、自己処理ができます。

その種類は、
・フラッシュ
フラッシュライト連射によって、毛根を刺激します。
エステと同じですね。

・ヒーティング
熱で毛根から抜き切ります。
熱いですが、仕上がりはとてもキレイです。

・レーザー
毛根から根こそぎ毛を除去。
クリニックと同じです。

しかし、エステとクリニックと大きく違うのは、その出力です。
家庭用脱毛器では、肌に優しい代わりに脱毛効果は、エステやクリニックとは段違いです。
何がどう違うか?というと、1回で処理できる限度がありますから、頻繁に行わなければならないのです。

家庭の脱毛でというと、カミソリ、毛抜き、除毛クリームが簡単にできる自己処理ですが、その中で群を抜いて効果的なのが家庭用脱毛器であり、他とは異質の存在です。

・ケノン
家庭用脱毛器の代名詞とも言えるケノン。
とても人気があり、ショッピングサイトで常に上位和占めています。
エステサロンの技術力を家庭にもちこんだケノンは、痛みがない、熱くならないことで、多くの方の支持を受けています。

・トリア
レーザーの家庭用脱毛器。
アメリカで人気のレーザーで、出力が低いですから、肌への刺激もなく、スピーディーな脱毛ができます。
本体は他の脱毛器よりも高いですが、カートリッジ交換がないため、ランニングコストは結果的に安上がりになります。

・イーモリジュ
照射面積が広く、全身脱毛に向いています。
フラッシュ脱毛で、トリプルショット機能があるから、とにかく速い。

新製品が出るたびに進化する家庭用脱毛器は、最も新しいものがベストといえるでしょう。
2万円台からありますが、カートリッジがある場合は、ランニングコストも考慮してね。
美容サロンにいくまでもない、行きたくない、地元のエステがない、しかしキレイな脱毛をしたい方にお勧めです。

ほぼ全身、男性のヒゲの男性もできます。
それぞれの家庭用脱毛器の公式サイトをご確認の上、どれが良いかを確認してください。
レーザーがベストだけど、肌への刺激も大きいですし、間違った使い方をすることで、脇などに炎症を起こしたり、火傷をする方も多いです。

痛みなども脱毛部位を冷やさなければならない家庭用脱毛器もありますから、取り扱い説明書は必ず確認してくださいね。

エステにいくのは恥ずかしいVラインIラインの脱毛はもちろん、ヒザ、ヒザ下などもお得に脱毛ができます。
お金のことを考えると、エステなどとは家庭用脱毛器はやっぱりお得かな?
上手にできたら、ブロ並の仕上がりですから。

しかし、もし肌に異常があれば、すぐに医療機関に行くようにしてください。
素人判断は、その後の肌に大きく影響します。

デリケートゾーン脱毛で気になる痛みとは

デリケートゾーンの脱毛は、従来ハサミとカミソリで行ってきた手入れを、美容業者のハイテク機器を用いて効率的に行うようになってきつつあります。デリケートゾーンを施術者の目にさらすというのは一件恥ずかしい事のように思われますが、業者側でも周到な配慮を示す事でかなりの程度羞恥心を緩和しますし、何より脱毛を完了させたユーザーの口コミ情報が、好意的なものであふれているという点が見逃せません。恥ずかしいけれど思い切って施術を受けて良かった、というものです。

デリケートゾーンの脱毛は、今日女性誌やインターネットのウェブ広告にすらその情報が見られます。マーケティングが成功した事例として、この業界の成功を物語っています。

脱毛方法の手順は次のようなものです。まず前日までにアンダーヘア全部を剃り落しておきます。次いで手術に入ると、光方式やレーザー方式によって、アンダーヘアの毛根を照射して、脱毛を促します。毛根の黒い部分に効率よく照射するのがコツですので、あらかじめヘアを剃っておくのです。そして2〜3か月後に、再び同じ方法で処理をし、これを六回から十数回繰り返します。アンダーヘアが少なく毛質が細くて軟らかい人は施術回数が少なく、ヘアが濃い・広範囲・密度が高い・剛毛である、などの人は施術回数が増えます。

デリケートな部位に機器で照射するとどうしても痛みが気になります。Vライン部位ではぴりっとした程度の寒色、ただしIラインやOラインの、皮膚が粘膜に近い部分では「うっ」と声が出そうなくらいの痛みがある、と言われています。

ハイジニーナ脱毛で考えてしまうメリットとデメリットについて

ハイジニーナ脱毛は、いわゆるVIO脱毛です。
それも全てをキレイにしてしまうことで、Vラインに少し毛デザイン的に可愛く残すのではなく、いわゆるパイパンになることを言います。
エステや美容外科で受けられるハイジニーナですが、メリットとデメリットを考えてみましょう。

メリット
・自己処理が難しいところだから安心
ハイジニーナの部分は肌が敏感ですね。

カミソリで行っている方もいますが、毛嚢炎(毛穴にばい菌が入る)になってしまっては大変です。
自己処理といえば、カミソリを使う方が多いですからリスクは高いですね。
また、IラインOラインの自己処理はできないでしょう。

・とにかく清潔
毛がなくなったという効果ばかりではなく、常に清潔な状態になるのは大きなメリットです。
女性は生理の時一番感じることのようです。
アンダーヘアの手入れも必要なく、ハイジニーナ脱毛体験談でのメリット第1位に挙げる方も少なくありません。

・人の目が気にならない
あまり人に見せる部分ではないのですが、ミニスカートやオシャレランジェリーを楽しむ方にとっては、Vラインはゼロが理想ですね。

・陰部は実は剛毛
硬い毛のハイジニーナ部分。
毛深い方にしてみれば、なければよいのにと思うことでしょう。
カミソリ脱毛の経験がある方は、生えてきた毛が剛毛なのに驚かれる方も多いです。

デメリット
・一度施術をしたら元に戻せない
矛盾しているかもしれませんが、レーザー照射などでハイジニーナにしたのは良いけれど、あとから後悔する方もいます。

付け根部分までの毛だけ(この場合Vラインのみ)だけの脱毛で良かったかも?という場合があります。
よくよく考えて、ハイジニーナ脱毛をしましょう。

・費用が高い
体験談の中で、あんな狭い範囲なのに、とても高かったという口コミがあります。
10万円近くかかるハイジニーナ脱毛ですから、一応費用のことは頭に入れておいてください。

これから自己処理を一切しなくて良い、それも自分では難しい部位であること、それは良いことだ。
しかし、恥ずかしい思いをするし、その代償は大きいなど、いろいろ考えてしまうようです。

ハイジニーナ脱毛に関しては、脇のようにきれいになったと簡単なものではないです。
現在、ハイジニーナの脱毛を選択するかたが多いと考えると、してよかったという方が大半を占めるとも言えるでしょう。

決して自己処理で、傷を付けたくないところですから、思い切って施術を受ける、と言うのはいかがですか?
デメリットの後悔は費用はありますが、この先快適なVIOラインを考えると、そのデメリットも大したことではないかも?

デリケートゾーン脱毛、エステ系と医療系の選択

今日ではデリケートゾーンの手入れを、VIO脱毛やハイジニーナ脱毛と称して、エステティックサロンや美容医療の業者が目玉商品として展開しています。従来デリケートゾーンの手入れといえば、女性が自らハサミとカミソリで手入れをするもの、次の段階ではブラジリアンワックスが知られ、こちらもさほど費用をかけずに脱毛することができるようになりました。しかしハサミとカミソリでは危険であったり皮膚を痛めたり黒ずみの元になったりというディメリットがあり、ブラジリアンワックスでは痛みが強いというディメリットがありました。そして両者とも、周期的に繰り返し行わなければならない点で不便でした。

エステや美容医療では、光方式やレーザー方式により、アンダーヘアの毛根を照射して脱毛を促し、その施術を繰り返す事によって毛母細胞の再発毛を抑制させることができます。

デリケートゾーンの脱毛が簡単かつ確実になるのは良いとしても、気になるのは痛みです。VラインはともかくIラインとOラインは皮膚の一部が粘膜質のため、機器で光やレーザーを照射した時に大丈夫なのか、という心配があります。実際にはVラインではチクッとした感じ、粘膜質の皮膚では「うっ」と声が出るレベルの痛みがあります。そのため心配な方は、事前の無料カウンセリングを受けておく事、またそれでも心配な人は、万が一に備えてエステではなく美容医療を選択して強い痛みでも安心できるようにするのが良いでしょう。

ちなみに光方式かレーザー方式かは、前者がエステ、後者が美容医療機関での扱いになります。レーザーの方が効果が高いと考えられますが、医療機関でしか扱えないことになっています。

VIO脱毛のおすすめサロン!オリジナルのお勧めの理由はコレ

独断と偏見ですが、VIO脱毛お勧めサロンを発表します。

ミュゼ
ミュゼプラチナムの脱毛はS.S.C脱毛と言って、特に痛みが少ない脱毛です。
VIOライン脱毛は、どうしても刺激に弱いので、絶対に痛くなエステでの脱毛をしたい方にはお勧めです。
VIOゾーンのハイジニーナ7コースは、安い料金で受けられるデリケートゾーン脱毛です。

ディオーネ
新脱毛法のディオーネ。
生えている毛ではなく、これから生える毛の種を消滅させます。
ですから、その後の自己処理は一切不要で、従来の脱毛とは全く違います。
痛みゼロの脱毛というのもメリットとしては大きいですね。
ただ、他の脱毛と比較して、回数が多くなるのと、店が少ないのが今のデメリットです。

エピレ
全額返金保証付きで、初心者にもお勧めです。
VIOラインだけではなく、Vラインの上部まで広範囲のデリケートゾーンの設定になっています。
リーズナブルな料金のお試し脱毛ができます。

ベルルミエール
短期間のデリケートゾーンの脱毛にお勧め。
すぐに効果が表れて、脱毛実感ができます。
女性の肌のことを考えた新世代系脱毛法で、全身コースで初回980円と言うのはお得ですね。

湘南美容外科
医療機関や美容外科での脱毛希望の方には、知名度も技術力も高い湘南美容外科がオススメです。
口コミでも人気の脱毛で、アンダーヘアの脱毛を医師が担当することで、安心して医療レーザー脱毛を受けることができます。

おすすめサロンは、他にもありますが、各サロンでは、必ずカウンセリングがあり、毛の悩みや相談、質問などをすることができます。
その方の毛質、希望の形にも相談に乗ってくれますし、アドバイスも受けることができますよ。

VIO脱毛をした後に、脇やヒザ下、鼻下など他の体の部位の脱毛をしたくなる方もいます。
フリープランで、脱毛し放題、シェービングサービスなどがある場合、全身脱毛も考える方も多いでしょう。
もし、VIO脱毛は敏感な部位の施術になりますから、そこで対応が良い脱毛サロンなら、体のどこの部位デモも、気持ち良い施術を受けることができるでしょう。

とっても早く、スピーディーな脱毛なら、湘南美容外科のようにレーザー脱毛が良いのですが、痛みはどうしてもあります。
麻酔利用の可能性もありますから、一応カウンセリングで確認してみてください。
痛くない脱毛、キレイな脱毛、速い脱毛、それぞれありますが、VIO脱毛の施術もサロンも種類が豊富になりました。

エステ・クリニック、どちらもメリット・デメリットがありますね。

iゾーン脱毛のお勧め!脱毛施術を勧める理由について

Iゾーン脱毛と聞くと、その賛否はいろいろですね。
Vラインは、ビキニラインのためにも、脱毛の必要性は感じるけれど、IラインやIOラインに関しては、考えたこともないという方も多いでしょう。
最近、デリケートゾーンやアンダーヘアの脱毛というと、VIOライン全体を指すことが多いのですが、本気で脱毛の場合、どの範囲が良いのでしょう?

基本的Iラインを強く勧めることはないようです。
粘膜部分であり、脇のように気軽に脱毛できる部位ではありません。
しかし、Vラインは、ビキニや丈の短いショーツ(最近はスラックスなども)を着る方、へそ出しファッションをされる方は、脱毛したい部分ですよね。

そして、Oラインは、ミニ・スカートが好きな方、セクシーランジェリーを楽しみたい方は、ない方が良いのです。
毛深い方は、ある程度のVラインレベルの毛の量が薄くなることで、下半身ファッションの楽しみ方が変わります。

では、Iラインのメリットも気になりますよね。
ファッション的には目立ったものはないものの、清潔感で言うと、ツルツルのIOラインは、気分が違います。
本来はなければならない毛ではなく、様々なシーンで、脱毛していて良かったと思うようです。

また、VOラインの脱毛をして、Iラインだけしないというのも不自然ですし、Vラインだけの脱毛というのも、あともキレイになったらなぁと思うようですよ。

デリケートな部位の脱毛で、エステで不安な方は、医療機関での脱毛をお勧めします。
ただ、敏感な部分のレーザー脱毛で、出力は弱くするものの、痛みはあります。
そんな時、クリニックなどでは、麻酔を使用することもあり、無痛での施術を受けることができます。

VIOラインの脱毛は、紙ショーツを着用することが多いです。
デリケートゾーンの脱毛は特に恥ずかしさで施術を受けたい方の質問を受けることが多いです。

その回答として、思ったよりも感じないという内容が多いです。
それよりも自分のVIOラインがどんどんキレイになっていくことに感動するとか、経験者が言ってたように、アンダーヘア処理は、施術を受けるべきと思う方が多いです。

Iゾーンまではしなくても良いという意見も多いですが、Vラインをキレイにしたのなら、全部をツルツルにしたくなる口コミも多いです。
今度、デリケートゾーンの脱毛をしようという方、ぜひIゾーンを含むVIOライン脱毛を断然おすすめします。
自己処理ができない部位ですから、エステやクリニックにお任せするのが良いでしょう。

デリケートゾーン脱毛にお勧め!キャンペーンを利用しよう!

エステや脱毛サロンなどのサイトを見ていると、デリケートゾーン脱毛の言葉、よく目にしませんか?
デリケートゾーンというと、Vライン(Yライン)だけと思っている方も多いですよね。

ところが、厳密に言うと、Oライン・Iラインも含んだVIOラインがデリケートゾーンを指します(範囲は自由選択できます)。
脱毛は、エステだけではなく、湘南美容外科などの美容外科などでもできます。

一般的に脱毛というと、脇などがおなじみですよね。
そのツルツル感をデリケートゾーンもどうぞということですが、女性としては少し恥ずかしいですよね。

そんな質問をVIOの脱毛経験者に回答してもらいました。
「ショーツを脱がなくてはならないという恥ずかしさはありましたが、紙ショーツを用意してくれました。痛みは、脇や脚の脱毛よりも強かったです。しかし数分間の我慢でしたし、あっという間の施術でした。」

エステシャンは毎日様々な施術をしていますから、恥ずかしさはないといいます。
痛みは少しあるようですね。
気になるのはVラインIラインですが、その必要があるのか?メリットはあるのか?という質問も多いですよね。

この部位の毛は剛毛で、脱毛の際に痛みはあるものの、毛がなくなると、とても清潔になります。
ツルツルになることで、特に女性は生理の時などは、とてもすっきりとします。
脱毛をしていない時にはない爽快感があります。

エステとクリニックのVIOラインの脱毛の違いは、使う脱毛器の違いです。
エステでは光脱毛などが主流ですが、湘南美容外科などのクリニックでは医療レーザー脱毛になります。

施術方法に関しては、部位に光やレーザーを当てるだけで同じです。
どちらが良いと言うのは、実際にカウンセリングを受けてみることをお勧めします。

脱毛は、予め自宅で毛を剃っていく必要があります。
ある程度の長さまでカットしてきてくださいと言われるのですが、その時にはシェーバーがお勧めです。

エステやクリニックではシェービングサービス(有料)があるところもあります。
自宅で股のシェービングが不安な方は、是非このようなサービスのあるところがオススメです。

最近、エステなどのキャンペーンでは、脇VIOがセットになっているところも多いですね。
脇だけでいいんだけどという方も、この機会にデリケートゾーン脱毛を体験されることをお勧めします。
自宅で行ったことがある方も、エステなどでの仕上がり、その状態に感動しますよ。

ツルツルだけではなく、肌そのものも良くなりますよ。
見えない部位のデリケートゾーンですが、キレイに脱毛しているだけでも、気分はいいですね。

シェーバーVS家庭用脱毛器どちらが良い?

35
家庭用脱毛器とシェーバーと同じに考えている商品も多いです。
シェーバーは、単に毛を剃るだけというのではあれば、家庭用脱毛器の中でもそのような機能しかないものも多くあります。
しかし、最近の家庭用脱毛器に関しては、剃るだけではなく、その後の発毛を抑えられるものもあります。
そういった商品は、価格も高くなっていますが、ムダ毛ケアの回数を考えると、初期費用として少し高くなってしまうのは仕方のないことです。

シェーバーは、男性向けの髭剃り同様に今ある毛を剃ってしまうことが目的になります。
ということは、定期的なシェーバーの使用の必要がありますが、男性のように毎日行う必要はないでしょう。
ここで、もし私は毎日シェーバーを使用しているという場合は、脱毛方法を考えたほうが良いでしょう。
そのような場合は、家庭用脱毛器に切り替えて、シェーバー回数を重ねるごとに、発毛抑制効果を期待したほうが良いと言えます。

脱毛をする時に、痛いのがイヤ方も多いです。
シェーバーでツルツルと脱毛ができるだけなら、痛みがないのですが、ケアが大変。
熱線やレーザーで脱毛する家庭用脱毛器は、脱毛の時に痛みがある。
この痛みの観点で、肌の感じ方や意識が変わってきます。
また、もともと合う合わないの差もあります。

シェーバーは、簡単な脱毛方法、痛くもないし、ケアの回数もストレスにならない。
とにかく肌がキレイになると思っている方は、そのままの使用で良いでしょう。
ただ、このシェーバーや家庭用脱毛器は毎年のように新製品が出ます。
もちろん性能がアップしているものがほとんどですから、新しいものが欲しいと思ってしまう方も多いようですが、これだけは買うタイミングを見てみてください。

家庭用脱毛器、シェーバーどちらが良いと言うのは、一概には言えないです。
価格的にも性能も目的も多種多様ですから、今欲しい機能が付いているもの、コストパフォーマンスなどを考慮して、検討してみてください。